Save Page

奨励金と融資

土地区画規制(ゾーニング)準拠の援助から助成金の申請まで、モーゼスレイク空港、グラント・カウンティ、グラント・カウンティ内の各市及びグラントカウンティ経済促進評議会は、事業家にとって有益で魅力的な環境を構築するために皆様への支援活動に励んでいます。

  • 融資支援
    CERB(地域経済活性化委員会) :CERBは、ワシントン州の戦略的経済発展資源、地域の行政と共に雇用を創出して維持することについて重点的に取り組んでいます。CERBは、社会的公共施設に投資をして、新規事業の立地と発展のために融資、雇用創出や地域経済の活性化を図っています。
    WEDFA(ワシントン経済発展金融機関):WEDFAは信用力がある中小企業に、非課税債券を提供することにおいて、通常の融資相場金利よりも低い金利で融資しています。融資金は、案件1つにつき最大10ミリオンドル (約12億円)です。
  • 税制優遇措置

    税制優遇処置について詳しい情報はワシントン州の税務課(Washington State Department of Revenue)にお問い合わせください。

    消費税と物品使用税の優遇措置: 以下の物品及びサービスは消費税もしくは物品使用税の免税の対象になります。機械や装備を、製造業や新技術の研究開発に導入している製造産業や加工産業へリース、レンタル、販売した場合にかかる消費税やサービス税など。機械や装備を新技術の開発に関する試験に携わっている個人ユーザーへ販売した場合にかかる消費税。機械の設置、修理、清掃、改良や機能向上のためにかかる労賃や手数料など。(この場合、部品の余命があと1年以上ある場合に適用されます)
    地方行政の管轄内で創出される雇用に関する職業税: 新規の雇用については、年俸$40,000(約480万円)までについて、月あたり$2000(約24万円)の税額控除が適用されます。年俸$40,000以上の新規雇用の場合には税額控除が月あたり$4000(約48万円)になります。ただし、この免税制度は製造業、新技術の研究開発、及びコンピューター関連分野に限って適用されます。(照明や電力事業の分野は免税の対象から除外されます)

    航空機産業の職業税の減税: 民間航空機用の部品の製造業または加工業、もしくは製造業ではないが民間航空機産業を支援する産業に関わっている業者、連邦航空局の認証を取得している修理工場や航空機産業で使われる工作機械及びツーリングの製造業者は職業税の減税の対象になります。

    食品製造業に対する職業税の免税 

    新鮮な野菜や果実: 新鮮な野菜や果実の缶詰、保存加工、冷凍、乾燥などによる加工食品がワシントン州外の客に販売して運送する事業について適応されます。

    水産物: 水産物を生の状態のまま冷凍や塩漬けなどの加工がなされた商品を、ワシントン州内の小売業社に販売した場合と、水産物の加工商品を州外の顧客に販売した場合には加工事業者にかかる職業税は免税の対象になります。

    乳製品: 乳製品の製造業者が小売または卸売ベースで製品を販売し、ワシントン州外に搬送する場合には、製造業者にかかる職業税は免税されます。2013年10月1日からは、ワシントン州内で生産された乳製品が、加工製品の材料として使われた場合には、乳製品の製造業者にかかる職業税は免税に対象になります。 

  • 事業の拡張と移転

    モーゼスレイク空港公社はグラント・カウンティとグラント・カウンティ経済促進評議会のような地方行政や準行政組織とパートナーシップを組んで民間企業のために最も有益になる立地条件を推奨し、物件を調査する支援を行なっています。このパートナーシップのネットワークメンバーは、新規事業の立地案件調査や既存事業のグラント・カウンティへの移転に対して、補助金プログラム、州の担当機関や現地訪問の調整などについてのお客様からの問い合わせを心待ちにしています。

  • グラント・カウンティ経済促進評議会(GCEDC)

    グラント・カウンティ経済促進評議会は、グラント・カウンティやモーゼスレイク市で事業を立ち上げるスタートアップ企業、または事業を拡張する計画がある企業を対象にした支援サービスを提供しています。特に、モーゼスレイク空港の管轄内にある工業団地への移転については、特典の多い支援サービスがあります。グラント・カウンティでの立地やカウンティへの移転を検討中の企業の皆様は是非、GCEDCに連絡していただき、立地が可能な場所、移転に関する手順及び、グラント・カウンティのビジネス環境の詳細について、いつでもお問い合わせください。

X